読心術はどういった対人仕事で、どのように活用していけるのか

ビジネス心理学, 人の心理について(本音), 人生の歩み方, 仕草の心理学, 嘘を見抜く方法, 読心術の活用

当サイトで身につけることのできる読心術。
「仕草の心理学」を基本原理として体系化されている技術です。

その上で、心理学の事前知識は一切不要で身につけることができます。

この読心術で可能なことは

  • 人が今抱いている感情
  • その場にいる人々の本質的な人間関係・力関係
  • 人の性格の傾向
  • 人の嘘や隠し事・思惑に気づき、それを読み取ること
  • 人があなたや他人に抱いている印象・気持ち
  • 人が話の内容の何にどう感じているのか

こういった”人が口にしない本心”を、その言動から読み取ることです。

読心術が特に活用できる対人・対面ビジネス

この読心技術は、対面での仕事であれば全ての仕事に活かすことができます。

その中でもビジネスに焦点を当てた時、やはり営業・販売職でかなりの効果を発揮します。
なにより、身につけた技術が直接成果に繋がる業種だと言えるでしょう。

メーカー・代理店・商社営業職への活用

顧客を獲得し商品を売り込むメーカー・代理店営業や、商品以上に顧客との人間関係に左右されることもある商社営業。

それぞれ求められるものが異なったとしても、それが人とのやり取りの中にあるものであれば、相手の考えを読み取れるようになる事がどれほどの強みとなるか理解して頂けるのではないでしょうか。

新規営業・ルートセールス・反響営業・受付営業。
あなたはどのお仕事をされていますか?

サービス契約・販売職への活用

サービス・販売職についても同様かと思います。

営業職よりも購買意欲の高い客層を相手にセールスをするとしても、目の前にいる人がどんな条件を求め、どうしたら納得するのか知る事ができれば、より円滑に販売・成約でき、時には+αの成果を出すこともできるはずです。

あなた自身のストレスも減り、お客様にも満足して頂ける、気持の良い仕事ができるのではないでしょうか。

その他活用できる様々な仕事

  • 人事などの『人を見る仕事』
  • 管理職・教員などの『人を育てる仕事』
  • 人と向き合うカウンセラーなどの『人と向き合う仕事』
  • 警察・探偵などの『人に注意を払い、観察する仕事』
  • 自衛官・SP・警備職などの『不特定多数の人間に注意を払う仕事』

その他にもまだありますが、このように”人の心理・気持ちを知る事”が役に立つ仕事は数多くあります。

そして、この技術はあなた自身のスキルアップにも繋がると共に、公私問わずあなたの人生に役立てる事ができます。
ぜひご活用ください。

 

読心術はこちらから(移動に時間がかかる事があります)

 

 

しぐさから人の心理を読み解く読心技術を公開中
あなたの心に、ゆとりや楽しみを生み出す

読心技術の存在を知った人の中には、不安を抱く方もいるかもしれません。
しかし、私たちは人の心を知ることが生活へのゆとり、心の成長や人生の豊かさに欠かせないことだと確信しています

読心術について

関連記事一覧

【メルマガ登録】|Mental Toolのリクエスト記事やサービス公開情報を受信できます。

記事カテゴリー[一覧表示]

記事キーワード検索